Wedding Report

ウエディングレポート

感謝の気持ちを込めた手作りの信楽焼をプレゼント。
装花も挙式スタイルもこだわって、ふたりだけのオリジナルに!

【こだわりPOINT】
両親へ、手作りのプレゼント

2人とも、両親には感謝してもしきれない気持ちがありました。事前に信楽焼を焼きに行き、披露宴でプレゼント。両親からは「もったいなくて使えないよ!」と言われましたが、とてもうれしそうでした。ウェイトベアも双方の親にプレゼントしたのですが、後日実家に帰った時、おじいちゃんとおばあちゃんが抱っこして、昔の事を涙目で話していて…両親にプレゼントしたものではありますが、みんなによろんでもらえてうれしかったです。

【こだわりPOINT】
卓上装花を衣裳とコーデ

いちばん印象に残っているのは会場の装飾です。ダリアを使って会場全体をクリスマスっぽくしてもらいました。和装のとき頭にダリアを付ける予定だったので、卓上装花もそれに合わせてコーディネートしてもらったんです。「ぴったりの花だった!」とみんなからも好評でした♪カラードレスはどうしてもゴールドが着たかったのですが、なかなか、これだ!というドレスに巡り会えず…。スタッフの方が熱心に探して紹介してください、本当に気に入るドレスに出会うことができました。

【こだわりPOINT】
利便性のよさ&
設備充実のホテルを選択

ホテルウエディングは高いというイメージがあったのですが、主人の親族には遠方から来られる方も多かったので、やはり宿泊施設があったほうがいいと思ってホテルで探しました。探してみれば意外にゲストハウスよりよい印象を受けました。利便性やスッタフの方の温かく話しやすい雰囲気はもちろん、値段の事も考慮して決定。ロイヤルオークホテルはなにより、アトリウムロビーが素敵。ゲストだけでなく、そこに居合わせた一般のお客様からも祝福してもらえるのっていいねと2人とも気に入り、当日に即決しました。

一覧ページに戻る